尾瀬で10倍得するために!!

尾瀬で10倍得するための知識を掲載!!
せっかく行く尾瀬、いっぱい得しちゃいましょう。
尾瀬の情報をたくさん手に入れてましょう。
ビジターセンターや山小屋、尾瀬認定ガイドなどを上手に活用しましょう。
お金をかけずに、得することがたくさんです。
ぜひご覧ください。

ビジターセンターを利用しよう。

ビジターセンターでは無料で解説や情報が得られて楽しめます。
天候や熊の目撃情報などリアルタイムの尾瀬を知ることができます。
また、無料で尾瀬のパンフレットが手に入ります。
尾瀬の地図や花情報が載っているので、ぜひ手に入れましょう。
ビジターセンターの職員さんは、花の名前や、知りたい事を教えてくれます。
(教えることも仕事のひとつです。)
遠慮せずに、どんどん質問してみましょう。
尾瀬のビジターセンターは2ヶ所です。
群馬県の山ノ鼻と、福島県の尾瀬沼にあります。
ビジターセンターではありませんが、尾瀬戸倉地区には、東京電力の展示館(ぷらり館)、尾瀬御池には、御池ロッジ内に「ブナミュージアム」があります。
ビジターセンターを活用することで、尾瀬の理解が深まります。

尾瀬グリーンボランティアに参加しよう。

鳩待峠の売店や尾瀬林業の山小屋で当日申し込むことができます。
尾瀬内のゴミ拾いを行いましょう。
  1. ごみ袋を貰いハイキング中にみつけたゴミをひろいます。
  2. おしゃれなワッペンと木道のサイクル品のマグネットがもらえます。
  3. ただし、尾瀬内はほとんどゴミはおちていません。みつけるのが大変です
*震災後は行なっていないようです。
   ホームページの更新が行われていません。

お話ボランティアさんを見つけよう。

尾瀬沼周辺で休日には、ボランティアで尾瀬の解説をしてくれる人達がいます。
尾瀬沼周辺や大江湿原などでお話をしています。
尾瀬への疑問、質問に答えてくれます。
お話ボランティアさんに話しかけてみて下さい。
ただし、ボランティアなので、情報の鮮度や正確性などはおおまかです。

ビジターセンターのレクチャーに参加しよう。

ビジターセンターで夜19時頃から、職員さんが尾瀬のお話をしてくれます。
毎回内容が違いますので、何回行っても楽しめますよ。
その時期にピッタリな尾瀬のお話をしてくれます。
また、朝7時頃に朝の観察会が30分あります。
見どころをまわりながら、解説を聞くことができます。
山小屋にお泊りの際は参加してみてはいかがでしょうか?
すべて無料です。詳しくはビジターセンターで聞いて見て下さい。

山小屋を上手に使おう

ビジターセンターだけではなく、山小屋でもレクチャーを行なっているところがあります。
尾瀬で暮らしている、山小屋の人の話は大変面白いです。
尾瀬についてはなんでも知っているので、どんどん質問しましょう。
ビデオやスライドショーを見せるところが多いです。
また、山小屋では天気予報をチェックできます。
(尾瀬でも衛生でテレビが映ります。)
ピンポイント予報を利用して、翌日の尾瀬の天気を調べましょう。

デジカメを活用しよう。

知りたい植物を見つけたら、撮影しその映像をビジターセンターの人に見せましょう。
ビジターセンターの人が解説してくれます。
また「おこじょ」や「やまね」を発見したら、発見カードがもらえます。
尾瀬のお土産にピッタリです。
尾瀬でバンバン写真を撮りましょう。

尾瀬認定ガイドさんに話しかけましょう。

尾瀬には、約250名の認定ガイドがいます。
(胸にネームをつけています)
お客さんといっしょの時はだめですが、一人でいる時は話しかけましょう。
困った事や、質問にこたえてくれます。
またアクシデント時も助けを求める事ができるので心強いです。

←前のページ  次のページ→
▲ページトップに戻る